アゴの痛みと、歯ぎしり

マウスピースで簡単になおります
 
寝ている時の歯ぎしりは、アゴに余計な力が加わりますし、本人も熟睡できません。歯にもよくありません。また、近くの人には騒音です。


しかし、樹脂でできたマウスピースを作ることで簡単に改善することができます。これは寝る際にはめるだけですから、通常の生活に負担はかかりません。このマウスピースはアゴの痛みにも有効です。特に顎関節症の方にはお勧めです。


顎関節症は片側だけで食事をかんでいるとよく発症します。歯ぎしりのひどい方にも発症します。発症すると痛くて食事がよくできないことが多々あります。

是非、ご相談ください。

■戻る■