歯磨き粉の善し悪し

塩でも充分といえば充分
 世の中には色々な歯磨き粉があります。一体どの歯磨きがどういいのか、よく質問を受けることがらでもあります。
 はっきり言ってしまうと、これと言った物はないというか、どれでも同じ様なものというか、なんです。
 ただ、最近の環境問題面で考えると、多くの歯磨き粉には合成洗剤と同じように界面活性剤、香料、保存料などが入っています。界面活性剤は肌荒れや環境ホルモンとして問題になってますし、香料や保存料もアトピーやアレルギーの原因になると言われていますね。おまけにアルツハイマーの原因とも言われるアルミニウムの粉末が磨き粉として含まれている場合があります。(水に溶けていなければ大丈夫ともいいますが)いくら吐き出すとは言え、歯磨き粉は口に入るものですから、考えてみたいことではあります。

 いえ、いっそのこと一家揃って歯磨き粉を使うのをやめてはどうでしょうか。歯磨き粉の効能は別に大したものではありません。白くなるような気がするのは研磨剤が入っているので、タバコのヤニなどが落ちるからです。そのかわり、歯の表面のエナメル質も削られます。歯も薄くなるということです。
 それから、再石灰化させるための石灰分が入っている歯磨きもありますが、これもまず効果はありません。だって、再石灰化は唾液に含まれる石灰分で自然に行われているのですから。それが出来ないような体質の人は、まずカルシウムなど栄養状態に問題があるかも。

 実は、歯磨き粉は塩で充分なのです。濃い塩は口中の雑菌を除菌しますし、歯茎を引き締めます。わざわざ塩入り歯磨き粉も作っているぐらいですから、塩で磨けばいいのです。これなら研磨剤も入ってませんし、小笠原辺りの自然の塩なら化学物質も恐くないし・・。
   合成洗剤、シャンプー、歯磨き粉の類は必ずしも必要ではありません。あきらかにコマーシャルの行き過ぎです。あとには引けない企業としては、どんどん違った手法で商品を作って行かなくてはならないので、無駄なものばかり付加されているのです。そしてそれらが、環境を破壊する結果となりました。コマーシャルに左右されず、自分の目(口?)で判断したいものです。

■戻る■