滝田内科歯科クリニック 「はり・きゅう・マッサージ室」
茨城県石岡市柿岡1974
はきマ-トップへ
ツボ(経穴)と経路
ツボ(つぼ)は全身に300あり、それぞれが内蔵とつながっているといわれています。

また、このツボには同じ効果のある仲間同士に分類でき、その仲間同士を結んでいくと、体の前と後ろに1本ずつ、また、手と足に6本ずつの道筋が現れます。これが経路です。

はりでも、きゅうでも、マッサージでも、このツボを刺激することで、内蔵を刺激することになります。

また、同時に筋肉の反射点を刺激することで、肩こりや腰痛などを緩和させることができます。

どんな症状に効きますか?
もうたくさんあります。ざっと書いてみましょう。詳しくはお問い合わせください。

頭、顔(目・耳・鼻・喉・口など)の症状(痛みや不定愁訴)
首・肩・背中・腕、足腰の症状。しびれや冷えなども入ります。
内臓の変調
心身の変調
女性特有の症状(婦人科系)冷え性や便秘なども入ります。

その他として、

イライラ、神経症、だるい、食欲がない、疲労回復、スポーツによる疲れなどです。

未病治(みびょう)とは?
東洋医学の基本的な考え方です。

病気になってから、治療をするのではなく、普段から病気に対して強い体を作る、病気を未然に防ぐことです。病気になる時は、そのまえに何かしらのサインがあるはずです。そのサインで済む時期に、適切な療法で体を回復させることが大事なのです。

子供も大丈夫?
お子さんでも、施術できます。お子さんには刺激を少なくして行います。花粉症などの症状緩和などの例もあります。
また、中高生のスポーツ後の調整にもたくさんの人が利用しています。

質問欄はこれから、充実させていきます。